>

自社工場から取引先まで自社便

徹底した梱包と温度管理

新亜光学工業の作り出す製品は、精密機械です。
一般の企業では自社製品を送り出す時に他社の物流を使う事もありますが、新亜光学工業では全ての製品を自社の物流で運びます。その為に社員でチームを作っているほどです。
製品を作ったままの状態で届けるために、今考えうる最高の梱包をします。そして、地上での運送はトラックを使います。
トラックの荷台は、完璧な湿度と温度が保たれており外の気温に一切惑わされない作りになっています。どんなに暑い夏でも、どんなに寒い冬でも、外気に影響されないので製品に影響を与えません。
そして納期は必ず守ります。こういった梱包・運送・納期に関する努力を惜しまない姿勢は、技術力の高い製品をより安心して生産者に届けているのです。そして、更に新亜光学工業の評価は高くなっていきます。

自社で船を2隻所有

主に中国に多くの工場を持つ新亜光学工業。製品を海外の工場から運ぶ際は、何と自社の船を使います!
製品を運ぶのに飛行機を利用しない理由は、飛行機の飛び立つ振動や乱気流などの振動により製品が壊れてしまう事を防ぐためです。
ただし、船便の場合は飛行機のように素早く製品を運ぶことは出来ません。納期が重なってしまった場合は、船が一隻だけでは間に合わないかもしれません。そういった納期に関するトラブルを防ぐ為に、何と新亜光学工業は船を2隻所有しているのです。
自社の製品を誇りに思い、その製品を納期通りにお客様に届けるまで、新亜光学工業は努力を怠りません。
お客様の要求にこたえられるように、日々、様々な挑戦をしている会社と言えましょう。


Share!
TOPへ戻る